読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オサナイユウタ.com

バンド、音楽制作、酒、猫。

俺だってブランキージェットシティーみたいになりたかった。

 

2000年代のロックシーン

The Jerryは2003年に1stミニアルバム「rude flowers」をリリースした。当時のバンドシーンというのは、Blankey Jet CityNUMBER GIRLthee michelle gun elephantが解散して、次に王様の椅子に座るのはどのバンドだ?という空気だった。例に漏れず俺らもリリースする度にCDショップのポップにはポストブランキー、ポストミッシェルと書かれた。まあどっちも好きだったし、影響も受けてたし、当然っちゃ当然。ただ当時は目に映る全てのバンド潰すってわりとマジで思ってたので、うっせえなポストなんとかって言うんじゃねえよバカとしか思わなかった。若気の至りどころかもはや若気の極み。

f:id:osanaiyuta0321:20170225182522j:plain

そして王様の椅子には誰も座ることもなく、ロックシーンは衰退した。別にそれが良い悪いではなく、流行りは必ず時代時代で現れて、なくならずにその後ジャンルミュージックとして定着する。今クラスの中心になってる奴らが聞いてるのってなんなのかな?Creepy Nutsとか?三代目?俺が学生の頃はそれがブランキーで、それがハイスタだった。俺はクラスの端っこにいたけど。今のバンドシーンはどうなんすかね?もうあまりチェックしてないので不倫ニュースに出てくるバンドくらいしかわからない(笑)。

その後The Jerryは、ざっくり言うとベースが抜け事務所をクビになり無頼派の現在に至る(笑)。

バンドマンと芸人

こんなにかっこいいのになんで売れねえんだ?ってバンドが俺周りにも沢山いる。芸人でいうとR1優勝前のハリウッドザコシショウみたいな。芸人の知り合いはガンビーノ小林さんしかいないので(笑)、芸人の事はほぼ一方的にしか知らないけど、バンドと芸人は似てるところがあると思う。ほんの少し才能があって10年やってりゃ1回や2回、でかいチャンスがくる。テレビに出たり、雑誌で大きく取り上げられたり、メジャーデビューしたり、フェスに出たり。俺らもちょっとだけあった。直後にベース脱退。このパターンもバンドあるあるっちゃあるある。

 

これから

人生おっさんになってからの方が長いって言ってたのは「銀魂」の空知先生だったか。

去年から楽曲提供、BGM制作を一人で始めた。バンドは投機的にやると全く全然面白くない、トートロジーになるくらいクソ面白くない、というのが15年続けて至った結論。その辺折り合いつけてうまくできる人が売れ続けてるんでしょう。俺は無理でした。だからバンドはただただ曲作って溜まったらリリースします。一つ決めてることがあって、それは「スタジオでのセッションを聞き直して興奮しなくなったら即やめる」ということ。興奮すんだよなあ、今だに。だから単純にやめないだけです。

一人での活動はガンガンにマネタイズしていってます。ちゃんと稼げるようになるかどうかは知らん。全員A型の先天的楽天主義一家の長男なので、いやまあなんとかなるしょ、別になんなくてもいいし、と思っている。

 

      

一汁一菜のススメ

一汁一菜(いちじゅういっさい)

基本味噌汁と漬物とご飯。プラス一品あったら贅沢。味噌汁がメインディッシュ。例えば昨日の晩飯の残りの唐揚げを次の朝の味噌汁にぶち込む。そしたら鳥の出汁とコロモの油が混ざってメインディッシュ完成。良いと思います。土井善晴先生が言ってた。 

じゃっぱ汁とけの汁

どっちも青森の郷土料理。じゃっぱ汁(じる)は、ざっくり言うとあら汁のこと。けの汁(しる)は、具材たっぷりの味噌汁。うちだと大根、人参、わらび、ゼンマイ、凍み豆腐あたりが入ってた。普通に味噌汁として食卓に出てたような気がする。イントネーションは、け→の↓し↑る↓。18歳で青森を出たので、味噌汁なんかいらねえわとか言ってた。10代の体に味噌汁は染み込んでいかなかった。今その時の自分に会ったら、殴りたおしてマウントとった挙句兀々と説教したい。汁を飲めと。「じゃっぱ汁 けの汁」で検索して一番最初に出てきたのが「お食事処おさない」という青森の店でした(笑)。今度帰省したら行ってみよう。

そして現在自宅にガステーブルがない

去年捨てた。家では朝食しか食わない。納豆ご飯と、インスタント味噌汁にキムチぶち込んでごま油をさらっと。ずーっとおかめ納豆一択です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BGMを100曲作って無料配布してみる

フリーダウンロード

DOVA SYNDROMEに作家として登録しています。ロイヤリティーフリーの音源が無料ダウンロードできて、その音は何にでも使える、というサイト。去年から初めて、なんとなく作った曲を気が向いた時にあげてたんだけど、100曲あげてみようと思う。現在28曲。審査があって、そして1日1曲しかアップできないので、3ヶ月くらいでなんとかやってみよう。YouTuberや音声配信などされてる方は、ご自由にダウンロードしてちょうだい。ギター1本のシンプルなジングルなんかも結構アップしてます。あとオーディオストックで音源販売も始めました。こちらは有料で始めたばっかりなので、まだ様子見程度。

昨日は祖師谷で飲み倒した。祖師谷、マジで良い店が多い。3件目の店出たらすげえ喧嘩してる輩がいて警察がめっちゃいたような記憶がうっすらと。良い街、祖師谷。阿佐ヶ谷、赤羽、祖師谷。東京で10年飲み倒してやっと自分に合った街がわかってきたような、そうでもないような。いつまでいるかわかんねえしなあ。旅は続く。

映画

「LA LA LAND」見たい。主演がライアンゴズリングとエマストーン。どっちも好きだ。ライアンはニコラスケイジっぽくて好きだし、エマはカエルっぽくて好きだ。監督は「セッション」の人。セッションはうーん、あんまなあ…だったから迷う。SpotifyにもうOSTがあって、とても良い。


挨拶

寒暖差に気をつけて、皆様健康で。

 

 

 

 

 

 

春一番/雨一番

花粉

春一番が吹き荒れた東京。花粉でズルズル。北海道には春一番がない代わりに雨一番がある、と聞いて、そういえば北海道に住んでた8年間で春一番って聞いたことなかったな。つうか雨一番も聞いたことねえ。

あめいちばん【雨一番】北国で立春以後初めて、雪が混じらないで降る雨のこと。札幌周辺で3月中旬に降ることが多い。

だそうです。全然ピンと来ない。知らん。

 

旬の食いもんがある。「春は芽、夏は葉、秋は実、冬は根」というのは柳家喜多八師匠のまくらで知った。2月現在ごぼうがクソうめえ。北国育ち東京在住花粉症としては「春はスギ、夏は暑すぎ、秋もブタクサすぎ、冬は雪もねえくせに寒すぎ」だ。それでも東京は好きだ。人と人の距離感が好きだ。

 

挨拶

明日は寒いらしいから、一枚羽織って。今日より一枚多く羽織っちゃって。

 

 

 

 

 

14歳で出会った中原中也の詩集と浅田弘幸の「眠兎」

1994年ジャンプ黄金期

14歳。ネットなし、田舎の中学生。とにかく漫画が読みたかった。いつも行っていたブックショップおおかわでフガフガしてたら強烈に惹かれた装丁があった。「眠兎」という漫画だった。主人公は15歳、母親殺しの転校生。ハマった。すげえハマった。その後「蓮華」「I'll」と、どっぷりハマった。そして「蓮華」は急に終わった。スラムダンクの第2部と蓮華の続きはずーっと待ってる。ジャンプ黄金期世代。ちなみにブックショップおおかわは1年後に潰れた。

寒い夜の自我像

「眠兎」の中で引用されてたのが、中原中也の詩だった。

「そして堅くなりすぎるか 自堕落になりすぎるかしなければ 自分を保つすべがないような破目になります」(寒い夜の自我像)

よくわかんねえ、全然よくわかんねえけどかっこいい、かっこいいじゃねえな、なんかすげえ、なんだこの感じ、ああっ、あああああっ、と思った。年が明けて雪深い新年、好きな子の年賀状にこの詩をまんま書いて送った。死にたい。

中原中也の詩集はその後すぐに買った。漫画以外で初めて買った本。20数年経った今も家にあって、たまに寝る前に読んだりしている。あの頃となんら変わらない、なんかすげえ、ただただ惹かれるという感想しかない。クオリアだとかセンスオブワンダーだとか、大人になると知恵だけ増えて嫌だねえ。

そして今、中原中也詩集の装丁を浅田先生が書いていて、伊集院光さんの番組「100分de名著」という番組で紹介されていた。この3人が同じ画角に揃うなんて姉さん事件です、と思いながら見た。ただただ幸せだった。

 

f:id:osanaiyuta0321:20170216232026j:plain