オサナイユウタ.com

優雅に音楽を発信するためのライフハックサイト

fenderのギターアンプならオススメはThe Twin


Fender

フェンダーのThe Twin(赤ノブ)

アンプをを所有してた幾時代かがありまして。1台目はfender社のThe Twin。当時所属してた事務所の倉庫にあって借りパクしてツアーまわりまくってた。Twin Reverbより芯があって癖が強い赤ノブの名機。終演後「今日ギターすげえいい音してんじゃん!」と言われまくったライブで、基盤が燃え上がって、枠の木が焦げ倒してご臨終しました。アーメン。

BAD CATのHOT CAT 30

2台目はbad cat。前のベーシストが抜けて、気合いを入れるために鬼のローン組んで買った。今弾いたらかなりいい音引き出せると思うんだけどとっくの昔に売ってしまった。マッチレスと並ぶ極上サウンド。当時は全く出せてなかったと思う。

というのも今日スタジオで、なんかジャリーン!ドジャリーン!ってしねえからお前いいとこセフレなっつってほぼ無視してたfenderのtwin amp使ったら、おい…お前…いい女になったじゃねえか…と。違うと。俺がクソだったんだなと。結局自分の技術の無さを機材のせいにしてただけだなあと思ったので、自戒の念を込めて書いた。セフレはJC(念のために書くとジャズコーラスというアンプの略)にしとこう。ちなみにタイトルの竿はギターのバンド用語です。だっせえから普段は絶対言わないけど。 

  

 

 

 

関連記事