オサナイユウタ.com

優雅に良質な音楽を発信するためのライフハックサイト

EMERGENZA JAPAN 2017、グランプリは札幌のSNARE COVER。


f:id:osanaiyuta0321:20170711223037j:plain

先日行われたEMERGENZA JAPAN 2017の決勝大会、友人のSNARE COVERが優勝した。とても嬉しい。他にも知り合いのバンドが出てたので、そいつらにはかける言葉が見つからない。まあ、みんなおつっしたー。

エマージェンザとは?

EMERJENZA 公式サイト

www.emergenza.net

1992年にローマで始まったフェスらしいです。日本に来たのは2008年。

 

過去の日本大会優勝バンド

2008年 The Novelestiloドイツ大会4位
2009年 ぐるぐる  ドイツ大会6位
2010年 花ト散るらん ドイツ大会優勝
2011年  S.H.E    ドイツ大会4位
2012年 Avaivartika ドイツ大会4位
2013年 TarO&JirOドイツ大会6位
2014年 The Asphere's ドイツ大会14位
2015年 ninja beats ドイツ大会優勝
2016年 スキッツォイドマン (大阪大会優勝) ドイツ大会7位
        SweetSleep (東京大会優勝) ドイツ大会21位

うーん、一個も知らん。勉強不足かしら。

プチプチ炎上

このエマージェンザ、実はちょっと前に話題になっていた。発端は元ジュディマリのTAKUYAさんのインタビュー。

www.musicvoice.jp

これを読んでSNSで怒り狂ってるバンドマンがチラホラいました。

 

“――「このバンドはすごいな」と思う存在は今のところはいない?

別に演奏は上手くなくて良いのですが、作曲のやり方が上手ではないというか、「そこがアマチュアなんだよな」という事は聴いていて思いましたね。3コードっぽく聴こえても、歌メロがこうあった場合はテンションがここにあってとか、音楽的にその方がよりリスナーに届く響きになるとか、アレンジのやり方とかもなんですけど、プロの編曲家とかプロデューサーの“メス”が入っていないという感じです。

――その“メス”を入れたら良くなりそうなバンドはいましたか?

今の所はいませんね。皆もうちょっと勉強しないと、と思います。やりたい事はすごく分かるんです。日本にありがちなんだけど、やろうとしている事に対して音楽というものを見つめない、そこを一番後回しにしている感じなんです。みんな格好とか…それが一番早いですよね。あとは雰囲気とかばっかりやっていて“音楽”というのがあまり分からないまま、やっている感じがあります。

――ということは音楽理論は必要?

理論は凄く必要です。ギターがボーカルと当たっている事をやっていても、気が付かないままやっていたりというのはよくあるんだけど、そういう事も誰も指摘しないし、自分たちもいまいち分からないという感じでやっているのが、ちょっともったいないなと思います。”  (MusicVoiceより引用)

多分この辺りの発言だろうなと思います。俺はもう「バンドでのし上がってやるぜ」的な気持ちは皆無なので俯瞰して読んだけど、至極真っ当な意見じゃねえかなあ。煽ってる風になってはいるけど。ここで言ってる「アレンジ」って「バークリーメソッドを完璧に学んで対位法も取り入れてる」レベルのアレンジだと思います。そのレベルのバンドマンは、俺が出会った中では1人か2人くらいしかいません。

とにかくおめでとう

何はともあれSNARE COVERおめでとう。斎藤君、準決勝応援行けなくてすまんかった。SNARE COVER、やばいっすよ。ジェイムスブレイク辺りが好きな人は是非に。

www.youtube.com

 

音楽に関する記事

俺だってブランキージェットシティーみたいになりたかった。

日本人よ、なぜspotifyを使わない?

フィッシュマンズ 『IN THE FLIGHT』

日本であんま有名じゃないからこそのオススメ洋楽アーティスト4組