オサナイユウタ.com

優雅に音楽を発信するためのライフハックサイト

ロバートグラスパー率いるブルーノート・オールスターズ(Blue Note All-Stars)がすげえ


「今ジャズ」を牽引し続けるロバート・グラスパー関連の新譜が発表されました。

 

ブルーノート・オールスターズは、ジャズを象徴する最強レーベルであるブルーノート・レーベルが、2014年に同レーベルの75周年を記念して創られた現代ジャズを牽引するメンバー達が集結したスーパー・グループで、その年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでライヴ・デビュー。その後も何度かライヴを行っていたが、ついに今年アルバム・リリースが実現することになった。アルバムのプロデュースは現ブルーノート・レーベルの社長であるドン・ウォズと、ロバート・グラスパーの二人が担当する。

アルバムにはロバート・グラスパー(p, key)を筆頭に、アンブローズ・アキンムシーレ(tp)、マーカス・ストリックランド(ts)、リオーネル・ルエケ(g)、デリック・ホッジ(b)、ケンドリック・スコット(ds)といった、それぞれがソロでブルーノート・レーベルよりアルバムをリリースしている現在のブルーノート・レーベルを代表する若手アーティスト達が参加。

 引用:http://tower.jp/article/feature_item/2017/08/23/0110

 

「OUR POINT OF VIEW」Blue Note All-Stars

 

Blue Note All-Stars 公式VEVO 

www.youtube.com

 

ライブ動画

www.youtube.com

 

メンバー

ロバート・グラスパー(ピアノ)

1978年生まれ。30歳くらいまで普通のジャズピアニストで、徐々にヒップホップとジャズを融合し始める。2012年「ブラックレディオ」で覚醒。「グラスパー以降」で現在のジャズ・ヒップホップシーンが語られるようになった。

 

 

デリック・ホッジ(ベース)

ロバート・グラスパー・エクスペリメントのメンバー。ソロアルバムも超絶かっこいい。公式VEVOの「Second Light」を作曲。弾いてない時の顔が怖い。

 

マーカス・ストリックランド(サックス)

めっちゃオシャレさん。グラスパー、そしてドラムにクリス・デイブを迎えてソロ名義のアルバムも発表している。そのCDジャケットもオシャレ。

 

アンブローズ・アキンムシーレ(トランペット)

19歳の時にスティーブ・コールマンのバンド「ファイブ・エレメント」にスカウトされ、ツアーを回る。2007年セロニアスモンク国際ジャズコンペティションで優勝。19歳でM-BASEなんて気が狂いそう。

 

リオーネル・ルエケ(ギター)

ハービー・ハンコックに才能を見出されてデビュー。自身のトリオバンドのベースはデリック・ホッジ。見た目はインテリヤクザ。

 

ケンドリック・スコット(ドラム)

バークリー音楽院のエリート。自身のバンドの1stアルバムをグラスパーとグレッチェン・パーラトと制作。グレッチェンはとても素敵な女性ボーカリスト。好きです。

 

関連記事

宇多田ヒカル「大空で抱きしめて」のドラマー、クリスデイブがヤバい。

日本であんま有名じゃないからこそのオススメ洋楽アーティスト4組