ミュージック・インベスター2.0

バンドマン兼投資家への道

ギター初心者の壁コード「F」、実はそんなに使わない説。


「Fが弾けなくてギターを弾くのを諦めた」

そんな話をよく聞きます。Fは確かに難しいです。

ただ、私バンド歴18年目ですが、難しいと言われる形の「F」はほとんど使いません。

 

一般的なF

f:id:osanaiyuta0321:20180127200227j:plain

人差し指で1フレットを全部押さえます(セーハと言います)。これが難しいんですね。アコースティックギターならなおさらです。

 

簡易的なF

f:id:osanaiyuta0321:20180127200237j:plain

一番下の太い弦は抑えてないし鳴らしません。いわゆるルート音(F/ファ)なんですが、バンドだとルート音はベースが鳴らしているので問題ありません。一番上の弦の音もFなので鳴らさなくても問題なし。

 

一番使うF

f:id:osanaiyuta0321:20180127200247j:plain

正確にいうとFM7(Fメジャーセブンス)というコードです。バンドで弾くときはこの形を一番使います。使う指は3本だけ。

むしろベースとの音が離れているので、音の幅が広がって聞こえます。

 

実際に弾いてる音

上記3つのコードを順番にひいてみました。

 

 

まとめ

Fが弾けなくてギターを諦めたというのが、昔からもったいないと思っていました。バンドアンサンブルだと、ギターの弦を6本全て鳴らすと邪魔なことが多いんです。

自身のバンドThe Jerryの「赤い街」のサビのコードもFなんですが、2番目のFに近い形で弾いています。

www.youtube.com

 

ちなみにアコースティックギターで弾き語りしたいならFは必須です。指から血が出るまで死ぬ気で練習してください。

 

【カテゴリー「音楽制作」の記事を読む】