2018年の恐るべき子供たち


20180516214914

多分。

めちゃくちゃ昔から「今時の若えもんは」的な話はずっとされてきている。 

「中学生の文化祭でスポンサー?舐めてんのか。」という声が聞こえてきそうですが、「あなたの時代よりお金はもっとクリーンで回りやすいものになってきたんだよ。」と言いたいですね。

学校からは「やってもいいけど予算無いよ」って言われたけど、どうしても成功させたかったし、何より「お金」が原因でストップするのが嫌だった。

そこで当時サービス開始されたPolcaというクラウドファンディングを身近にしたみたいなやつがあったから利用してみた。FinTechバンザイ!!

目標金額は5000円で1口500円。何口も支援してもらったり、全く知らない大人にアイディアをもらったり。インターネット最高!!!

必要なものは、材料費の大量のガムテープやすずらんテープ、そしてペン!シールはがし。余った道具や材料は来年に回した。

これを見てる人が何歳かしらないけど、恐らく俺は半分以下しか生きてない。

高校、中学時代にスマホさえ無かったお前らおっさんの感覚で時代の流れは読みきれないだろう。

2018年を取るのは俺ら若者だ、覚悟しとけ。

 大学のサークルがやってもすごいと言われるレベルのことを、今や中学生がやってのけている。「スマホネイティブ」世代の感覚はわからないけど、どんな大人になっていくのか楽しみ。なってく様もSNSで追えるしね。

 

 20代前半で面白い人もたくさんいる。

中島太一ブログ:崖っぷちブログ

はましゃかコラム:人との距離がつかめない!?「パーソナルスペースおばけ」が居候して学んだ“人と住む極意” | ar(アール)web

二人とも会ったこともない若者だ。なんで俺をフォローしてくれているかもよくわからない。

二人ともやりたいことをただやってるだけ風だけど、(俺から見たら)かなり戦略的に、そしてナチュラルにSNSを使いこなしている。

 

大人になってわかったことが一つ。

子供が大人を嫌いなように、大人も子供が嫌いだ。

大人ファックと思っているうちは、ションベンくせえ生意気なガキなのは間違いない。

ただ。

平成のガキに負けないくらい自分も生意気だった(らしい)。当時自分では全く思ってなかったけど、若い頃に出会ったやつらの意見をまとめると、ほぼ全員に「初対面の時マジで生意気だった」と言われる。当時23歳くらいの写真…まあ…たしかに…花柄だし…

f:id:osanaiyuta0321:20180203192632j:plain

 

だから生意気で面白い若者には、優しく接しようと心がけている。あくまで「シラフの時に」「なるべく」ですが。

 

【カテゴリー「持論」の記事を読む】