Googleしごと検索に上位表示させるサービス「しごとパックCMS」

2019年1月に日本でも提供が始まったGoogleの新サービス"Googleしごと検索"。

 

現在Indeedをはじめとした求人サイトがたくさんあります。しかし、求人情報が見たい人はGoogleに直接「営業 渋谷」などの単語を2〜3個入力して検索していることが多いのではないでしょうか?

 

そこで上位表示されるのが"Googleしごと検索"サイトです。

 

 

Googleしごと検索実際の画面

これが「コンビニバイト 吉祥寺」で検索すると出てくる画面です。タウンワークの次に表示されているボックスが"Googleしごと検索"です。

f:id:osanaiyuta0321:20190707195330p:plain

 

サイトはこんな感じでとても見やすいです。

f:id:osanaiyuta0321:20190707195613p:plain

 

 

 

Googleしごと検索に表示されるには?

f:id:osanaiyuta0321:20190707200500p:plain

有料広告ではないので、Googleにお金を払えばボックス内で上位に表示されるというわけではありません。自社のサイトをGoogleのアルゴリズムに合わせて設計し、Googleに見つけてもらうしかないんです。有名な大企業でもない限り、素人ではとても無理な話です…。

 

 

企業向けサービス"しごとパックCMS"

f:id:osanaiyuta0321:20190707201001p:plain

画像引用:https://グーグルしごと検索.com

しごとパックCMSは、Googleしごと検索やIndeedに完全対応した採用サイトを制作して、 カンタンに求人の出稿ができるサービスです。

 

googleしごと検索に力を入れている採用企業はまだまだ少ないので、今だとかなり早い段階での参入になります。

 

しごとパックCMSの詳細は↓から。

 

 

しごとパックCMSの特徴

グーグルしごと検索、しごとパックCMSの運営チームが日々の運用で使用している主な指標は以下の4つです。

1.表示回数(Indeed・グーグルしごと検索)

2.クリック率(Indeed・グーグルしごと検索)

3.応募率(Indeed・グーグルしごと検索)

4.予算の消費ペース(Indeed)

表示回数とは、インディードの検索結果画面に求人が表示された回数を示す数値です。

求人数や職種によって異なりますが、必要応募数から逆算し、クリック率や応募率の相場から必要な表示回数を算出します。

必要応募数=表示回数×クリック率×応募率

表示回数が少ない場合の改善方法

 

■ポイント1■ 求人原稿内に関連するキーワードを複数入れ込む

例えば、主婦をターゲットにした事務員さんの場合、求人原稿内に「主婦(夫)歓迎」、「事務」 「オフィスワーク」「座り仕事」などの検索キーワードが含まれているかをチェックします。その際、Googleのサーチコンソールやインディードの「求人アナリティクス」というコンテンツで、ユーザーがどんなキーワードで検索し、求人を見たのかを示すデータを参考に求人原稿を改善します。

 

■ポイント2■ 上限クリック単価を引き上げる

インディードの場合、ユーザーの検索内容、検索履歴、設定したクリック単価の金額などにより表示順位が決定します。そのため、エリアや職種ごとのクリック単価相場よりも低く設定している場合、表示回数は少なくなります。クリック単価の相場はエリアや職種によって異なるため、これまでのノウハウを基に最適なクリック単価に調整します。

 引用:https://グーグルしごと検索.com/weblog/2019/05/07/127/

これだけの作業を、毎日時間を割いてやるのはほとんど不可能だと思います。餅は餅屋に任せましょう。

  

 

しごとパックCMSまとめ

f:id:osanaiyuta0321:20190620212631j:plain

しごとパックCMSを提供している株式会社日本総合建創は、この他に誰でも無料で広告が投稿できるGIZUMOというサイトも運営しています。とりあえずGIZUMOに広告を投稿してみて反応を見るのも一つの手です。

 

より優秀な人材が早く欲しい企業の方には、しごとパックCMSがオススメです。