iMacの寿命をのばすために、セーフブートは定期的に必ずやろう。

f:id:osanaiyuta0321:20181223145521j:plain

決して安い買い物ではないMac。iMacの寿命は10年、Macbookは4年なんていう噂もあります。

 

私は最低限のメンテナンスとして「セーフブート」は月1〜2回は必ずやっています。現在使用しているiMacは5年目。最初よりは重くなりましたが、それでも全く問題なく使えています。

 

簡単にできるので、めんどくさがらずにやって幸せMacライフを送りましょう。

 

 

セーフブートのやり方

f:id:osanaiyuta0321:20181223150545j:plain

とても簡単です。

 

「電源を入れて起動音が鳴ったらshiftキーを長押しする」

 

これだけです。appleのロゴが表示されたら離しましょう。しばらくするとセーフブートモードで起動されるので再起動。これで全て完了です。

 

 

セーフブートでやっていること

・起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みる

・必要なカーネル機能拡張だけを読み込む

・起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止する ユーザがインストールしたフォントを無効にする

・フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュファイルを削除する

 引用:セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける - Apple サポート

 

ちょっと難しく書いてありますが、記憶させていたアカウント名やパスワードなどは消えません。「掃除してくれる」くらいの感覚で大丈夫です。

 

 

合わせてやっておきたいメンテナンス

f:id:osanaiyuta0321:20181223150727j:plain

セーフブートと合わせて、あと1つだけ定期的にやっておきたいのは「電源を抜いて放電」です。15分ほど抜いておくだけで大丈夫です。

 

Macは帯電しやすいので、これをやるだけでかなり違います。チリも積もればMacも遅くなります。たまには解放してあげましょう。

 

 

修理はプロへ頼もう

f:id:osanaiyuta0321:20181223153129j:plain

自分で分解するのは絶対ダメです。やるだけやってダメだと思判断したら、プロに頼みましょう。買い換えるよりは安く済むかもしれません。

 

ドクターホームネットでは、365日24時間体制で専用フォームで依頼を受け付けています。

 

【PR】パソコン修理・設定サポートはドクター・ホームネット

 

 

まとめ

f:id:osanaiyuta0321:20181201154621j:plain

「セーフブート」「放電」の2つは定期的に必ずやりましょう。

 

メンテナンスもクソも電源が入らないんだよ!という方はこちらの記事を。

iMac(High Sierra)が起動しないときに実際やった対処法4つ。

 

iMacの寿命は10年…なるべく長く快適に使っていきたいもんです。