【2018夏フェス必需品】雨具、暑さ対策他、最低限これだけは持っていけ10選。

f:id:osanaiyuta0321:20180712233616j:plain

1999年、椎名林檎、ブランキー、ミッシェルが出演した、伝説のライジングサンロックフェスティバルに参戦した実績があるオサナイ(@osanaiyuta)です。ほぼ手ぶらで行って死にました。

 

ライジングサン、フジロック、サマソニに参加した経験から、最低限これだけあれば快適にフェスを楽しめるアイテム10選を紹介します。

 

逆にこれがないと、どっかでイライラするタイミングがあったり、一緒に行ったパートナーがブチ切れたりします。アレは大変でした。

 

 

夏フェス必需品10選

ウエストバッグ

 基本この中に財布やらなんやら、細かい物を入れて行動します。ズボンのポケットに入れておくのはオススメしません。酔っ払って落とします。

 

 

カッパ

フジロックでは必須です。暑いので通気性のいいモノを選びましょう。多少高いけど通気性抜群で長く使える⬆︎は超オススメです。フェスでしか着ないなら3シーズンくらい余裕。

 

 

スニーカー

裸足にサンダルはダメです。疲れます。ちゃんと靴下を履いて軽いスニーカーでいきましょう。 

 

⬆︎はおろしたてでも靴擦れしないので、買ってすぐフェスに行っても大丈夫。

 

 

折りたたみ長靴

足元が濡れるとそれだけで疲れます。雨が降ったら即長靴です。

 

 

冷えるタオル

近代科学すごい。水で濡らしてぶん回すだけで2時間ぐらい冷え冷えです。普通のタオルも1枚持っておきましょう。

 

 

サングラス

恥ずかしがってる場合ではありません。直の太陽光線は体力を奪うし、頭痛の原因になります。安いやつで十分なので、日が出てる間はサングラスをかけましょう。

 

 

日焼け止め

ベタつかないアネッサがオススメ。なんなら美白効果もあります。

 

10選の中で1つだけ選べと言われたら、この日焼け止めを選びます。内部からの発熱は本当に辛いです。これだけは必ず持って行ってください。

 

 

薄手のパーカー

Tシャツオンリーよりも、薄めのパーカーを着ていた方が後々楽です。とにかく日焼けをしないことが最優先。⬆︎はユニクロのエアリズムの半額!

 

 

ウェットティシュ

手がベタついたら拭いて、汗をかいたら首回りを拭いて、あとは定期的に顔を拭いて日焼け止めを塗り直したり。何かと便利です。普通のティッシュも持っておきましょう。

 

 

スマホ充電器

充電できるエリアがありますが、有料だったり、人がたくさんいたりしてかなり待ったりするので、モバイルバッテリーがあると心に余裕ができます。

 

 

 

まとめ

f:id:osanaiyuta0321:20180711214505j:plain

サマーオブラブとか運命的な出会いとか、ないですから。 

 

とにかく「日焼けしない」ことが最優先です。日焼けは「やけど」です。まじでツライし、体力を奪われます。

 

良い夏を。

 

・オススメ関連記事

Amazonプライムデー2018、注目のサービスと音響機材紹介。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オサナイユウタ

YouTube

Twitter

Instgram

LINE@