【桂歌丸さん死去に寄せて】笑点は大人になってから見ると普通に笑う。

f:id:osanaiyuta0321:20180702215040p:plain

笑点の顔だった、落語家の桂歌丸さんが亡くなった。享年81歳。

 

 

小学生の頃に見ていた笑点

f:id:osanaiyuta0321:20180702215157j:plain

今から約30年前の1990年前後、テレビは家族の中心だった。

 

笑点は別に好きじゃなかったけど、18時からちびまる子ちゃんが始まるし、他に見たい番組もないから、晩飯時になんとなく流れていたのを、結局家族全員で毎週見ていた気がする。

 

当時の笑点は、司会が先代の三遊亭円楽さんだった。この人顔でっかくてちょっとおっかねえな、馬面だし、と幼心に思っていた。

 

小学生だったのであまり大喜利を面白いとは思っていなかった。ただ、楽太郎さんと歌丸さんが「早くくたばれガイコツ!」「うるせえ腹黒!」とか言ってやりあってるのを見るのはちょっと好きだった。

 

その頃の楽太郎さんはシュッとした兄ちゃんという印象。歌丸さんは当時から爺さん扱いされていた。調べてみたら1990年時点で楽太郎さんは40才、歌丸さんは53才。

 

小学生の自分には30才と60才くらいに見えていた。

 

 

 

大人になって見た笑点

f:id:osanaiyuta0321:20180702220138j:plain

歌丸さんが司会を退いて、春風亭昇太さんになってしばらく経った時、久々に笑点を見た。ちょうど楽太郎さん(いまだに円楽じゃなく楽ちゃんって感じなんだよなあ笑)の不倫騒動があった時だ。

 

大喜利の中で不倫のことをメチャクチャにいじられていて、1人で爆笑した。

 

ああ、そうか。笑点は「お笑い」じゃなく「粋」なんだ。こりゃ小学生は面白くないはずだ。

 

よく「自分が大人になったと感じるのはどんな時ですか?」という質問を見かける。今その質問をされたら間違いなくこう答える。

 

「笑点を見て爆笑した時」

 

 

落語は1回生で見たほうがいい

f:id:osanaiyuta0321:20180702220607j:plain

ここ3〜4年で落語を聴き始めて、一昨年初めて落語を見に行った。「渋谷らくご」というイベント。

 

「渋谷らくご」は、渋谷のユーロスペースで行われている落語会で、通称シブラク。いきなり寄席に行くのはちょっと…という初心者や若者に向けて、漫才コンビ米粒写経のサンキュータツオさん主催で、毎月行われている。チケット料金もやすく、初めて落語を見るにはもってこいのイベントだ。

 

生の声や音のデカさにとにかく驚いたので、 落語を生で見たことがない方は是非。その時の記事はこちらから。

柳家喜多八という落語家がいました。

 

喜多八さんが亡くなって丸2年か…早いな。

 

 

まとめ

f:id:osanaiyuta0321:20180623110951p:plain

国民的な番組や世界的な歌は、自分が変わることによって、見え方や聞こえ方がどんどん変わっていく。

 

笑点…次の日曜日、久々に見よう。
 

 

オサナイユウタ

YouTube

Twitter

Instgram

LINE@