1991年、小5で初めて買ったCDがCHAGE&ASKA「SUPER BEST」だった。

1991年。

 

「101回目のプロポーズ」主題歌、チャゲ&飛鳥の「SAY YES」が、青森の小学生にまで届くほど大流行していた。

 

当時はCDラジカセやコンポが、自分の部屋にあることがステータスで、俺も欲しくて欲しくてたまらなかった(当時11歳)。

 

 

ドデカホーン 

f:id:osanaiyuta0321:20181016192150j:plain

 画像引用:おまえらどんなラジカセ使ってた? | 夕やけチャンネル

 

誕生日だったかクリスマスだったかは忘れたけど、ついにCDダブルラジカセを買ってもらった。ドデカホーンだ。コブラは高かったので、子供ながらに気を使ってこちらを選んだような気がする。

 

リモコンもついていた。自分専用のリモコンが…!!と、本体よりリモコンに興奮したのは鮮明に覚えている。ボリュームを上げ下げするだけでテンション爆上がりだった。4畳半の部屋にリモコンなんかいらないっちゃいらないんだけど。

 

ちなみに画像を探すためにネット検索してみたら、ジャンク品しかなかった。

 

うーん、それでもちょっと欲しいなあ。

 

 

なぜ「SAY YES」シングルを買わなかったのか 

ドデカホーンを買ってもらった時に、CDも1枚買っていいよと言われたので、選びに選んだ。

 

アルバムとシングルの違いはわかっていなかった。とにかく一番多く曲が入ってるチャゲ&飛鳥のCDを探した。

 

そして選んだのが87年発売の「SUPER BEST」だった。

 

 

SUPER BEST収録曲

f:id:osanaiyuta0321:20181016194537j:plain

画像引用:中古CD・レコード・DVDの超専門店 FanFan

 

古い。今見たら古いのは当然だ。しかし91年に見た時にも思った。「古い」と。

 

でもしょうがない。一番曲数が多かったんだから。

 

「SUPER BEST」収録曲

1 ひとり咲き

2 流恋情歌

3 万里の河

4 旅浪人(TABIBITO)

5 男と女

6 熱い想い

7 北風物語

8 マリオネット

9 華やかに傷ついて

10 MOON LIGHT BLUES

11 標的(ターゲット)

12 誘惑のベルが鳴る

13 オンリーロンリー

14 モーニングムーン

15 黄昏を待たずに

16 Count Down

 

1曲も知らなかった。

 

特に1曲目の「ひとり咲き」は、11歳には演歌に聞こえてしまっていた。それでも人生初CD、聞かないという選択肢はなかった。聞いて聞いて聞きまくって、半分くらいの曲は好きになった。修行か。

 

まあ、その後すぐにB'z「ALONE」のシングルを買って、そっちを聞きまくったんだけど。

 

 

まとめ

f:id:osanaiyuta0321:20180716230647j:plain

アラフォーの人は初めて買ったCDが92年発売の「SUPER BEST Ⅱ」だという人も多いんじゃないでしょうか?

 

…正解です。俺もそっちの人生がよかった。

 

10代の時に出会ったアーティストはもう、好きとか嫌いとかいう次元の話じゃなく、特別な存在だ。

 

チャゲアス、復活願う。