読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オサナイユウタ.com

バンド、音楽制作、酒、猫。

DTM歴2年目の1年間、ほぼ初心者でも作曲コンペで5曲採用された話。


Mac導入

2014年後半、同棲解消して部屋が広くなったので一念発起してバンドのデモ作りとかプリプロに使おうと思ってiMacとlogicを買った。色々やってみたけど、結局スタジオでセッションしながら作るのが俺らは一番良いという結論になんとなくなって、今はバンドではほぼ使ってない。プリプロのギターの被せの確認くらい。しばらくほっぽってたけど、2015年、1年かけてゆっくり勉強し直した。 

コンペ選び

一人である程度作れるようになったので作曲コンペに出してみようと思ったのが去年。いろいろ調べてARTSIT CROWDというサイトに登録した。たくさんコンペがある中で、どんなのに応募しようかと思って振り返ってみた。バンドで一応15年作詞作曲して、今まで出会ってきた尊敬できるオトナたちに一番よく言われたのが「いいメロディー作るね」だった。よっしゃと。美メロ一点突破で行こうと。DTMは歴が浅く技術もまだまだ、機材も高いものはないので音質では多分勝ち残れない。なので「即リリースできる音質で」等が書いてあるコンペは省いた。そしてバンバン応募して採用されたのが5曲。採用された案件は(詳細がそこまで書かれてない案件も多いので、多分)「メジャーにぶっ込んでいくためのインディーレーベルの新人用の楽曲」がほとんど。採用後、実績掲載して構わないと言われたので書きますがMUSICBANK!の新人アーティストのコンペにも1曲採用されました。ちなみに不採用の曲数は軽く3倍は越えてます。

作曲コンペを1年やってみて

テーマが「自分の曲が通用するのか」と「DTM技術の向上」。ほぼ計画通りにできた。リリースは多分されないので、報酬は1件につき制作費1〜2万のみ。でもなんやかんやでリリースされてバカ売れしねえかなあって2%くらい思ってる。金に関しては小遣い程度稼げればラッキーくらいだったけど、先月源泉徴収票が届いて、月で割ったらリアルに高三の時の小遣いと一緒くらいだった。改めて書類で見るとむむう…。

見る前に飛べ

一番良かったのがクライアントとちゃんとしたやりとりができた事。それまで一人で作ってフガフガしてただけだったので、データの受け渡しをほぼやったことがなかった。参考までに納品までの流れを。

  1. ワンコーラスを2MIXで提案。
  2. 採用後フルコーラス作成。何度かやり取りして手直し。
  3. データ納品(パラトラックWAVデータ/Standard MIDI File Format1/ボーカル有無それぞれの2MIX/コード付メロディー譜)

データ納品はそれぞれのクライアントで微妙に違ったりするけど、いやもうパニクった。全然知らねえんだもん。納品の指定が24bit96khzだったのに間違って24bit48khzでずっと作ってて、やべえと思って一回データ書き出してDAWに戻したら音ヘロヘロになって全部ギター録り直したりもした。まあでも追い詰められたら人間なんとかするもんですね。あっはっはー。

今年はインバウンド中心でいきます

そのARTIST CROWD内で歌モノ楽曲中心にDEMO公開してます。ええ曲、書きまっせ。

https://artistcrowd.jp/creators/detail/1298