ミュージック・インベスター2.0

バンドマン兼投資家への道

音楽理論の基礎を学びたいギタリストへオススメ「最後まで読み通せる音楽理論の本」


 

今までコードをなんとなく鳴らして作曲をしてきたけど「最近行き詰まることが多い」または「同じコード進行ばかり使ってしまう」人も多いのではないでしょうか?というか私が完全にそうでした。

理論もそろそろ学びたい…けど五線譜も読めないしなあ…という人にオススメの本が「最後まで読み通せる音楽理論の本」です。

 

目次紹介

第1章 音楽理論はどうして必要なのか?

第2章 コードってなんだろう?

第3章 五線譜アレルギーを克服!

第4章 スケールのイロハ、教えます

第5章 ペンタトニックの秘密

第6章 ダイアトニック・コードって?

第7章 チャーチ・モードでスケール7倍!

第8章 マイナー・キーのコード進行

第9章 ツー・ファイブでアレンジ自在

第10章 実際の譜面を弾いてみよう!

 

解説図が多くわかりやすい

手書きの解説図が多く、わかりやすいです。五線譜は本当に必要最小限しか出てきません。

f:id:osanaiyuta0321:20180415185239j:plain

f:id:osanaiyuta0321:20180415185250j:plain

f:id:osanaiyuta0321:20180415185303j:plain

ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本(CD付き) (Guitar Magazine)
by カエレバ

 

 

2冊目に読むなら「最後まで読み通せるジャズ理論の本」

第1章 ジャズってどんな音楽?

第2章 ジャズっぽいコードを弾こう

第3章 コードの基本はダイアトニック

第4章 コードの機能を見てみよう

第5章 スケール・チェンジを弾いてみよう

第6章 コード進行を分析しよう

第7章 ジャズらしいスケールとは?

第8章 ジャズの頻出コード進行を攻略!

第9章 ジャズ・ブルースはこれで弾ける

第10章 スタンダード・ナンバーにチャレンジ!

「最後まで読み通せる音楽理論の本」を読んだら、もう一歩先に進みたくなります。私はなりました。具体的には「おしゃれなコードを使いたい」とか「ソロでペンタトニック以外のスケールを弾きたい」など。

そんな人にはこちらがおすすめです。

ギター・マガジン 最後まで読み通せるジャズ理論の本 (CD付き)
by カエレバ

 

まとめ

両方とも具体的な練習法から、作曲の幅を広げるためのテクニックまで、とてもわかりやすいです。マジでもっと早く読んどけばよかったです。

「最後まで読み通せる音楽理論の本」だけでも、ちゃんと最後まで読んで理解すれば、大袈裟じゃなく音楽の聞こえ方がガラッと変わります。

 

  【カテゴリー「音楽制作」の記事を読む】