YOASOBIの良さが全くわからないアラフォーの話。

f:id:osanaiyuta0321:20200913203118p:plain

現在爆売れ中のYOASOBIが全くわからない。ちょっと悲しい。こういう時に「発信者のターゲット層から自分が外れてしまったんだ」と思う。

 

「良いか悪いか」で判断できれば良いんだけど、何も感じない。それでも何回も聞いてみた。僕らは何回だってきっと。何年だってきっと。

 

曲も声もいい。多分コンポーザーはCapsuleとかサカナクションに影響を受けてる。コンプ気味のコンパクトでミニマルな音像は無機質すぎてあまり好みではない。ただ、全く悪くない。

 

何年か前に「世界の終わり」が出てきたときに、敬愛する菊地成孔さんがTBSラジオ「粋な夜電波」で同じようなことを言っていた。その時は「成さんも歳食ったなあ、はっはっは。」くらいに思っていた。

 

もうちっと遡ると、子供の頃に大事MANブラザーズバンドの「それが大事」という曲が大好きで、買ってもらったばっかりのCDコンポでよく聞いていた。そのとき両親は「こんな曲の何が良いんだ」的なことを言っていた。

 

俺よりもうちょっと下の世代だと、ゆずが売れた時に親父に「こんなん俺が若い時にはいっぱいいたぞ」的なことを言われてたらしい。

 

ま、YOASOBI最高っつってるアラフォーも問題ある気がするけどね。

 

 

【関連リンク】

サブスク音楽配信サービスで、ガキの頃の夢が叶い続けている。